自社の魅力は唯一無二、「無敵の求人票」で人材確保。
広報・マーケティングのノウハウで、求人・人事から広報・販促まで。
会社・従業員・お客さま。「全方位三方よし」をサポートします。
大阪府社会保険労務士会 北東支部所属
  1. 【8月1日求人公開スタート!】「2016年卒 大学生就職意識調査」にみる就活生に響く!「効果的な求人票の書き方」

 

【8月1日求人公開スタート!】「2016年卒 大学生就職意識調査」にみる就活生に響く!「効果的な求人票の書き方」

2015/07/03

【中堅・中小企業がよい(企業志向)】
・文系女子:59.2%
・理系女子:59.8%

【企業選択のポイント】
・自分のやりたい仕事ができる会社:40.2%
※前年より増加
・社風が良い会社:17.8%
・勤務制度、住宅など福利厚生の良い会社:12.4%

【行きたくない会社】
・暗い雰囲気の会社:36.0%   
 ※16年連続ランクイン
・ノルマのきつそうな会社:31.0%
 ※9年連続ランクイン


このデータ、
「2016年卒マイナビ大学生就職意識調査」
の結果です。


企業志向の傾向。
ひとつの要因として、
調査レポートでは、
「就職活動スケジュールの後ろ倒しによる
先行き不透明な状況」

を挙げています。

8月1日から、
ハローワークでの
「大卒等求人」の公開がスタート
します。


今回は、このデータをご紹介しながら、
就活生に響く!「効果的な求人票の書き方」を検証します。


※以下のデータは、「2016年卒マイナビ大学生就職意識調査」から引用します。


1.企業「志向」のデータ




「大企業志向」については、全体で50%を切り、

「やりがいのある仕事であれば中堅・中小企業でもよい」
      +
「中堅・中小企業がよい」

文系・理系男子が50%を下回るなか、

・文系女子:59.2%
・理系女子:59.8%


が特徴的な結果となっています。

これを、エリア別に集計したデータも公表されています。



・前年と同じく大手志向が6割を超えたのは関東・関西国公立の男子のみ
・関西国公立では前年より大きく減少
・女子では関東・関西の国公立以外ではすべて4割を切る


という結果となっています。


2.企業「選択」のデータ




・自分のやりたい仕事(職種)ができる会社:40.2%
が1位ですが、

・社風が良い会社:17.8%
・勤務制度、住宅など福利厚生の良い会社:12.4%


が前年と比べて増加している点が特徴的です。


また、「行きたくない会社」の調査結果も公表されています。



・暗い雰囲気の会社:36.0%   
 ※16年連続ランクイン
・ノルマのきつそうな会社:31.0%
 ※9年連続ランクイン

「休日・休暇が取れない会社」
「残業の多い会社」の増加が特徴的な結果となっています。


3.「大卒等求人」求人戦略の検証


企業選択のポイントに挙げられている項目の上位

1位の
・”自分のやりたい”仕事(職種)ができる会社
上位の
・社風が”良い”会社
・働きがいの”ある”会社
・勤務制度、住宅など福利厚生の”良い”会社

私が、” ”をつけた
”良い”・”ある”・”自分のやりたい”

この言葉、
判断基準は、情報の受け手である
就活生の主観・イメージにあること

を示唆しています。


求人戦略とは、
・就活生の興味・関心を惹く
・就活生に求人情報を読んでもらう

ことが、先ず大事です。

仕事については、
「自分がやりたい仕事」かどうかは、
「仕事の具体的なイメージ」がないと判断できません。

そして、
・「社風」は、職場の雰囲気から醸し出される要素であり、
・「働きがい」は、経営理念・事業内容などが要素でもあります。
・「雰囲気が明るいか・暗いか」は、伝えなければ判断できません。

つまり、

「求人票の書き方セミナー」で必ずお話している
「仕事・職場・会社の魅力」を
いかに「ターゲット(=就活生)目線」で情報発信できるか?
がポイントになります。


「効果的な求人情報の発信」とは、

ワンサカ応募させて、
「エントリー数を増やすこと」
が目的ではありません。

「みなさんの求人に興味・関心を持った
 入社意欲の高い人を集めること」が目的なのです。




8月1日から、ハローワークでの
大卒求人の公開がスタートします。




ハローワークの「大卒等求人」

求人票は、
このようなレイアウトになっています。





※大阪労働局 「求人申込みガイド」より引用

活用するのは、
「仕事の内容」欄
「特記事項」欄
「備考」欄

です。





※大阪労働局 「求人申込みガイド」より引用


就活生のみなさんは、初めての就職活動。

応募してもらうためには、
先ずは、
求人の内容に、
「興味・関心を持ってもらうこと」

これらの欄と「仕事の内容」欄は、
定型のフォーマットではない、
いわば「自由記入」欄。

この3つの欄を活用して、

・仕事・職場・会社の「独自の魅力」を
・就活生のみなさんに「響く言葉」で
・「読みやすく・わかりやすく・簡潔」に表現すること

がポイントです。

求人情報も、先ず、
「読んでもらうこと」

・「求人ターゲット」をイメージして
・「会社・職場・仕事の魅力」を
・「表現を工夫して」伝える


「求人票の効果的な書き方」とは、
みなさんが、商品・サービスをプロモーションする
視点・考え方となんら変わりはありません。
・「ターゲット」を想定して、
・如何にターゲットの「興味・関心」を惹いて、
・応募という「行動」に繋げるか
という、集客のための「広報・マーケティング戦略」なのです。


 


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

みなさまのご参考になれば幸甚です。

 

では、また。

 

 

※本コラムは、各メディアOA情報等取材した内容を基にして、記事として掲載させて頂いております。

  • 欲しい人材に響く、他社がマネできない求人票を創りたい。
  • お客さまに響く、プロモーションプランや販促物を作りたい。
  • 優秀な人材確保・維持に効果的な人事制度を作りたい。 など
  •  ※「求人票の書き方」などセミナーのご相談もこちらからお願い致します。
  • お問い合わせ・お申込み