自社の魅力は唯一無二、「無敵の求人票」で人材確保。
広報・マーケティングのノウハウで、求人・人事から広報・販促まで。
会社・従業員・お客さま。「全方位三方よし」をサポートします。
大阪府社会保険労務士会 北東支部所属
  1. 【ストレスチェック関連データ】「職業性ストレス簡易調査票」の構造分析
 

【ストレスチェック関連データ】「職業性ストレス簡易調査票」の構造分析

2015/07/01

本日7月1日。
早くも1年の半分が過ぎました。

ストレスチェック制度
12月からスタートします。

チェックに「望ましい」とされる

「職業性ストレス簡易調査票」

この調査票の大きな特徴は、

職場における
・数々のストレス要因を
・同時に
・多軸的に測定

できるところにあります。

ストレスチェック制度の趣旨・目的は、
「イライラチェック」ではなく、
「多軸的な調査」を活用した
職場における「一次予防(未然防止)」

今回は、既に公表されている各所の資料を基に
「職業性ストレス簡易調査票」の構造分析
をお送りします。




1.「職業性ストレス簡易調査票」とは


概要と特徴は、以下の通りです。



※「職業性ストレス簡易調査票を用いたストレスの現状把握マニュアル」より

実際にストレスチェック制度で使うことが望ましいとされる
調査票はこのような項目となっています。(57項目)



これをさらに簡略化した簡略版(23項目)も公開されています。



※「労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル」等より



2.「職業性ストレス簡易調査票」の構造分析



(1)調査票の構成


調査票は、このように構成されています。


※「職業性ストレス簡易調査票を用いたストレスの現状把握マニュアル」より

簡易調査票の特徴は、「3つの領域」から
職場における
・数々のストレス要因を
・同時に
・多軸的に測定

できるところにあります。

これを57項目の調査票のA〜C毎に測定項目を構造分析します。


(2)A:「仕事のストレス要因」




(3)B:「心身のストレス反応」





(4)C:「周囲のサポート」D:「満足度」





(5)ストレスチェック制度における「職業性ストレス簡易調査票」の位置づけ


このように位置づけされています。



ですが、以下の項目は、以下の理由で「不適当」とされています。


※「労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル」より


3.「職業性ストレス簡易調査票」の活用とストレスチェック制度の全体像





※「職業性ストレス簡易調査票を用いたストレスの現状把握マニュアル」より





※「ストレスチェック制度説明会」より

このように、
ストレスチェック制度の趣旨・目的は、
2.でご紹介した「不適当」な項目からも、
「イライラチェック」ではなく、
「多軸的な調査」を活用した「一次予防(未然防止)」
であることが、
おわかり頂けるかと存じます。





最後までお読み頂き有難うございました。

 

 

※本コラムは、関係各所から入手したネタを元に記事として掲載しております。

 

 

 


・新定番!な求人票の書き方のノウハウ・求人戦略情報 満載! コラム好評連載中!
 【応募率94.8%! のノウハウ 】: 新定番!な求人票の書き方

           
    http://www.heartrock-noma.com/contentscate_127_1.html

・ソリューション・メニュー
 【新定番な求人ノウハウ】94.8%の応募率! 求人原稿コンサルティング

           
  http://www.heartrock-noma.com/contents_327.html

 【2時間でわかる!欲しい人材に会社をPR!】”新定番!”な求人票の創り方セミナー  
           
  http://www.heartrock-noma.com/contents_297.html

※ご相談・お問い合わせは、下の「ご相談・お問い合わせフォーム」からお願い致します。

労務関連ニュース、毎月メルマガでお届けします!


【無料!】NEWS LETTER "社外総務課長の月例報告" 購読申込フォーム

  • 他社がマネできない求人票・求人媒体のご相談
  • 「求人票の書き方」セミナーなどのご依頼
  • 人材確保・定着のための人事制度構築 など
    お問い合わせ・ご相談はこちらからお願い致します。


  • お問い合わせ・お申込み