自社の魅力は唯一無二、「無敵の求人票」で人材確保。
広報・マーケティングのノウハウで、求人・人事から広報・販促まで。
会社・従業員・お客さま。「全方位三方よし」をサポートします。
大阪府社会保険労務士会 北東支部所属
  1. 【速報!4/24閣議決定】徹底分析! 中小4割 人手不足「2015年度版中小企業白書」にみる求人戦略(女性採用)【求人票の書き方】


 

【速報!4/24閣議決定】徹底分析! 中小4割 人手不足「2015年度版中小企業白書」にみる求人戦略(女性採用)【求人票の書き方】


2015/04/25

「中小4割 人手不足」

4月25日付 讀賣新聞朝刊のヘッドラインです。


「女性の就業」

【20代後半から30代前半の退職理由】
・出産育児のため:44.2%
・結婚のため:18.7%

【結婚・育児のために退職した女性の就業状況】
・復職  :26.0%
・就業希望:60.0%

そして、
「復職先企業の過半数が従業者99人以下の企業」


出典は「2015年版 中小企業白書」
4月24日に閣議決定されました。

「中小企業白書 第2部」
「人材の確保・育成」が特集されています。
 
白書では、
「人材の確保・育成」は、
「販路開拓に匹敵する経営課題」
と捉えています。

130ページ超にも及ぶ白書の特集から、
「人材の確保」に関する内容を、
「速報!」でお伝え致しますとともに
求人戦略を検証します。

今回は、
「女性採用篇」です。

※以下の資料は、
 「2015年版 中小企業白書」から引用します。


1.退職した女性の理由


「M字カーブ」
20代後半から30代にかけての女性の就業率の減少の
カーブの形状をそう表現しています。

その20代後半から30代前半の女性の
「退職理由」
が報告されています。



・出産育児のため:44.2%
・結婚のため:18.7%

白書では、
結婚や出産・育児は大きなライフイベントであり、
仕事を継続するか否かの判断において、
退職を選択する女性が多いことがM字カーブの
大きな原因であることが分かる。
とコメントしています。


2.結婚・育児のために退職した女性の就職状況




・復職  :26.0%
・就業希望:60.0%

就業への高い「潜在的ニーズ」があることが分かります。


3.出産・育児からの復職女性の就業先




従業員規模別でみると

・ 2〜 4人:14.2%
・ 5〜19人:26.2%
・20〜49人: 7.0%
・50〜99人: 7.0%

従業員規模99人以下が過半数。

白書では、
復職先として中小企業・小規模事業者が
選ばれている実態が浮き彫りになる。
とコメントしています。

4.女性の雇用を検討した理由と就業への配慮


「女性の雇用を検討した理由」




この結果。
白書では、
・女性の能力を評価した採用が行われていることが分かる。
・男性と同じ基準において、優秀な人材を確保する過程の中で
 人材を選んだ結果として、女性を採用した企業も多く存在する。
とコメントしています。

また、就業に関する取り組み(配慮)についても
報告されています。





全体的に見て、グラフの緑色
「制度はないが、柔軟に対応している」
が特長的な傾向です。


5.求人戦略の検証


「女性の復職」

この層をターゲットとして求人をする場合

ご紹介したデータから、見えてくるものは、
以下の3つが考えられます。

・復職先の規模(会社)
・能力(仕事)
・就業の配慮(職場)
会社については、規模にとらわれない
会社の「独自のウリ・特長」

能力については、
「ブランクの不安の解消」
「過去の経験の何が活かせるか」

職場については、
「育児・家庭との両立における就業上の配慮」
「ブランクの不安を解消できる育成・研修」
などの情報が、ターゲットにフィットした情報
と考えることができます。

ここで、気をつけておきたいのが、
「女性が多い職場です。」
「アットホームな職場です。」

といった、職場の雰囲気を伝えるフレーズ。

セミナーでもお話して、
ご受講頂くみなさまもご納得頂いているのですが、

単に「多い」・「アットホーム」では、
・具体性を欠き、
・受け手によって感覚が異なる
・受け手がイメージしにくい

フレーズ。
伝える言葉に配慮が必要です。

※関連コラム

「女性が多い職場です」で「会社のいいところ」が伝わりますか?効果的な求人票 書き方のポイント【広報視点からの求人戦略 その2】

「女性が多い職場です」で「会社のいいところ」が伝わりますか?効果的な求人票 書き方のポイント【広報視点からの求人戦略 その2】



職業選択は、
「この会社の・この職場の・この仕事」

「会社・職場・仕事の魅力」の3つが、
重要な要素です。

「女性を集客したいとき」
ターゲットである女性の
「興味・関心がどこにあるのか???」


受け手(=求職者)が
「この会社の・この職場で・この仕事をしている私」
イメージしてもらえる
「響く言葉」での情報の発信。

求人にも、
「広報・マーケティングの視点」が必要であることが
おわかり頂けるかと思います。

求人とは、みなさんの会社の販促・広報と同じ、
「集客の情報発信」
つまり、
「求職者を集客する情報発信」
です。

「この会社の、この職場で、この仕事をしている私」
イメージしてもらうことが、

「じゃぁ、一度話を聴いてみようか」という
「応募から採用面接」に繋がることに繋がります。

 
「求人票の効果的な書き方」とは、

みなさんが、商品・サービスをプロモーションする
視点・考え方となんら変わりはありません。

そして、
この視点・考え方は、
「欲しい人材の明確化」などという類、
企業目線からの一方的な情報発信で、導かれるものではありません。

寧ろ、
「欲しい人材の応募の不安はどこにあるのだろう???」という視点、
求職者の属性・興味・関心を刺激する情報戦略なのです。







最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

みなさまのご参考になれば幸甚です。

 

では、また。

 

 



※本コラムは、各メディアOA情報等取材した内容を基にして、記事として掲載させて頂いております。

  • 欲しい人材に響く、他社がマネできない求人票を創りたい。
  • お客さまに響く、プロモーションプランや販促物を作りたい。
  • 優秀な人材確保・維持に効果的な人事制度を作りたい。 など
  •  ※「求人票の書き方」などセミナーのご相談もこちらからお願い致します。
  • お問い合わせ・お申込み