自社の魅力は唯一無二、「無敵の求人票」で人材確保。
広報・マーケティングのノウハウで、求人・人事から広報・販促まで。
会社・従業員・お客さま。「全方位三方よし」をサポートします。
大阪府社会保険労務士会 北東支部所属
  1. 【速報!9/30厚生労働省リリース】「入職者の入職経路に関する分析」から求人戦略を検証しました。


 

【速報!9/30厚生労働省リリース】「入職者の入職経路に関する分析」から求人戦略を検証しました。


2014/09/30
「労働市場分析レポート」

厚生労働省が、
「雇用に関するテーマの分析を通じて経済分析にアプローチする」
趣旨で、毎月レポートをリリースしています。

9月30日リリース、第41号のテーマは、
「入職者の入職経路に関する分析」


このレポートは、
厚生労働省「雇用動向調査」をもとに、
入職者の入職経路の分析を通じて、
ハローワークや民間人材ビジネスが、
労働市場に占める状況について、
データを提示、検討しています。

今回、このデータを入手しましたので、
「速報!」でご紹介と、
求人戦略。
効果的な求人票の書き方を検証しました。


※資料は、厚生労働省HP公開データから引用掲載致します。


1.入職者の入職経路




この傾向に分析レポートでは、以下のようにコメントしています。




2.入職経路別入職者数と内訳別構成比




この傾向に分析レポートでは、以下のようにコメントしています。




3.入職者の企業規模別入職経路




この傾向に分析レポートでは、以下のようにコメントしています。



4.入職者の年齢階級別入職経路




この傾向に分析レポートでは、以下のようにコメントしています。




5.求人戦略・効果的な求人票の書き方



このレポート冒頭、
今回の調査趣旨ともいえるこのような記述がありました。



労働市場のインフラ、中核的役割を担う
ハローワーク。

データで示されたとおり、

中小企業の人材採用ルートとして、果たす役割は大きいです。

ですが、本コラムでもデータを紹介致しましたが、
厚生労働省 職業安定局のデータによれば、

毎日、延べ17万人が利用している、巨大求人メディアでもあります。


そこで、自社の求人に興味・関心を持ってもらうためには、戦略が必要です。

「会社の魅力を求人票を使って、求職者にPRする」
「この会社の・この職場で・この仕事をしたらどんな感じ???」

を具体的にイメージしてもらう情報発信の戦略です。


求人票の「構造分析」をすると、

以下の3つのエリアに分類できます。


@「仕事情報」エリア

A「勤務(職場)情報」エリア

B「会社情報」エリア

 

ここにある3つの「フリーエリア」

@「仕事の内容」欄
A「備考」欄
B「特記事項」欄
を活用すれば、求職者がより興味を

持ってもらうことができるのではと考えます。

ここに、

・会社・職場・仕事の”ウリ”となる情報を発信し、

・求職者が「自分が(会社・職場で)働いている姿」をイメージしてもらう

ことポイントです。


・求人ターゲットを絞り込み
・ターゲットが知りたい情報を
・ターゲット目線で適切な言葉で

情報発信する。



ターゲットである求職者が、応募したくなる情報を
「仕事の内容」欄
「備考」欄
「特記事項」欄

を使って、
求職者目線で伝えること。

つまり、
「この会社の・この職場で・この仕事」をイメージしてもらう
情報発信が求人戦略となります。

「求人票の効果的な書き方」
とは、
みなさんが、商品・サービスをプロモーションする・PRする
視点・考え方となんら変わりはありません。


そして、
この視点・考え方は、
「欲しい人材の明確化」などというたぐい、
企業目線からの一方的な情報発信で、導かれるものではありません。

寧ろ、
「欲しい人材の応募の不安はどこにあるのだろう???」という視点、
求職者の応募モチベーションを刺激する情報戦略なのです。








【ご参考】
資料出典 : 
「入職者の入職経路に関する分析」 
厚生労働省 労働市場分析レポート第41号(9/30リリース)

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/roudou_report/dl/20140930_01.pdf




最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

みなさまのご参考になれば幸甚です。

 

では、また。

 

 



※本コラムは、各情報メディア等から取材した内容を基にして、記事として掲載させて頂いております。
  

労務関連ニュース、毎月メルマガでお届けします!

 

【無料!】NEWS LETTER "社外総務課長の月例報告" 購読申込フォーム

  • 他社がマネできない求人票・求人媒体のご相談
  • 「求人票の書き方」セミナーなどのご依頼
  • 人材確保・定着のための人事制度構築 など
    お問い合わせ・ご相談はこちらからお願い致します。


  • お問い合わせ・お申込み