自社の魅力は唯一無二、「無敵の求人票」で人材確保。
欲しい人材に響く求人・人事制度から広報・販促、会社案内まで。
求人票コピーライター・求人から相談できる社労士がサポートします。
大阪府社会保険労務士会 北東支部所属
  1. 【速報! 8月、厚生労働省リリース】ハローワークのアニュアルレポート「平成26年版 ハローワークの取組と実績」と”PR求人票”
 

【速報! 8月、厚生労働省リリース】ハローワークのアニュアルレポート「平成26年版 ハローワークの取組と実績」と”PR求人票”

2014/09/02

「ハローワークの取組と実績」


厚生労働省 職業安定局がリリースする、
いわば、ハローワークの
”アニュアルレポート(年次報告書)”です。

この報告書。
・ハローワークのスケールメリット・紹介実績
・マザーズハローワークなどの独自の専門的支援
・利用者特性(民間職業紹介事業者との比較)

など、興味深いデータが報告されています。

今般、この資料を入手しましたので、
「速報!」でご紹介しますとともに、
弊社、”PR求人票”。
「効果的な求人票の書き方」もご紹介致します。


※以下の資料は、厚生労働省公開資料より引用します。

1.ハローワークの規模と事業内容






2.ハローワーク、職業紹介の実績



平成25年までの実績データです。




3.ハローワークの専門的支援



ハローワークでは、一般の求人の他、
以下の専門的な就職支援機関の取組みがあります。









4.ハローワーク、若者・女性・高齢者の就職支援



3.を更に具体的な報告も公開されています。


(1)若者の就職支援




(2)女性の就職支援




(3)高齢者の就職支援





5.ハローワークのこれから(地方自治体との連携)



地方自治体との連携事例が報告されています。



6.ハローワークのCS活動



ハローワークのCS。つまり「顧客満足度向上」
取組・実績が報告されています。



7.ハローワークと民間職業紹介事業者(求人数・利用者特性など)



民間職業紹介事業者との対比データです。




8.ハローワークと地方公共団体


地方公共団体との対比データです。







9.”PR求人票”、ハローワークでの求人戦略【効果的な求人票の書き方】

 

私見ながら、求人票の「構造分析」をすると、

以下の3つのエリアに分類できます。


@「仕事情報」エリア

A「勤務(職場)情報」エリア

B「会社情報」エリア

これに対応した

3つの「フリーエリア」

@「仕事の内容」欄
A「備考」欄
B「特記事項」欄
を活用すれば、求職者がより興味を

持ってもらうことができるのではと考えます。

 

ここに、

・会社・職場・仕事の”ウリ”となる情報を発信し、

・求職者が「自分が(会社・職場で)働いている姿」をイメージしてもらう

ことポイントです。

 

・求人ターゲットを絞り込み
・ターゲットが知りたい情報を
・ターゲット目線で適切な言葉で

情報発信する。

ターゲットである求職者が、応募したくなる情報を
「仕事の内容」欄
「備考」欄
「特記事項」欄

を使って、
求職者目線で伝えること。

つまり、
求職者に対して、求人票全体で、
「この会社の・この職場で・この仕事」をイメージしてもらう
情報発信が求人戦略となります。

つまり、
「求人票の効果的な書き方」
とは、
みなさんが、商品・サービスをプロモーションする
視点・考え方となんら変わりはありません。

そして、
この視点・考え方は、
「欲しい人材の明確化」などというたぐい、
企業目線からの一方的な情報発信で、導かれるものではありません。

寧ろ、
「欲しい人材の応募の不安はどこにあるのだろう???」という視点、
求職者の応募モチベーションを刺激する情報戦略なのです。








最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

みなさまのご参考になれば幸甚です。

 

では、また。

 

※本コラムは、各ハローワークに取材に伺い、入手したリーフレットを
基にして、記事として掲載させて頂いております。
  

労務関連ニュース、毎月メルマガでお届けします!

 

【無料!】NEWS LETTER "社外総務課長の月例報告" 購読申込フォーム

  • 他社がマネできない求人票・求人媒体のご相談
  • 「求人票の書き方」セミナーなどのご依頼
  • 人材確保・定着のための人事制度構築 など
    お問い合わせ・ご相談はこちらからお願い致します。


  • お問い合わせ・お申込み