自社の魅力は唯一無二、「無敵の求人票」で人材確保。
欲しい人材に響く求人・人事制度から広報・販促、会社案内まで。
求人票コピーライター・求人から相談できる社労士がサポートします。
大阪府社会保険労務士会 北東支部所属
  1. 【求人票を科学する(番外篇)】科学のチカラで検証実験!”Gaze plot手法で解析した、視線の動き”から効果的な求人票の書き方を検証しました。



 

【求人票を科学する(番外篇)】科学のチカラで検証実験!”Gaze plot手法で解析した、視線の動き”から効果的な求人票の書き方を検証しました。



2014/07/28
シリーズでお送りしています。
「求人票を科学する」。

「求職者がどのような視線の動きで求人票を見ているか」

「独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)」が、
平成24年に実験検証を行い、以下のタイトルで、報告書を公開しています。
「中小企業における人材の採用と定着」(平成24年3月30日)
第T部 人材の募集と採用―人が集まる求人―
 第1章 求人情報において注目される点:アイトラッキングから


この研究では、
視線の動きを逐一記録できる装置(アイトラッキング装置)により、
求職者の閲覧における視線の動きを客観的にデータ収集しています。

本シリーズの3回目までは、
「ヒートマップ手法」。
数値データを、「視線が注目した時間の濃淡」で、
サーモグラフィのように、頻度の低いものから、
緑色→黄色→赤色にビジュアル化された
データをご紹介しながら、
「効果的な求人票の書き方」を検証しました。


この報告書では、この手法に加えて、
「Gaze plot手法」。
「視線の動き」を数字の就いた円表示して、
その順番と留まった場所(円)の大きさで
解析する手法


での、分析結果も公開されています。

シリーズでお送りする
「求人票を科学する」

「番外篇」の今回は、
”Gaze plot手法で解析した、視線の動き”
から、効果的な求人票の書き方を検証します。


※実験データは、
 独立行政法人 労働政策研究・研修機構が、
 ホームページに公開している 
 「労働政策研究報告書No.147(平成24年3月30日)」
 より引用します。

1.検証実験のスペック。



(1)実験の目的


・求人情報の閲覧行動について
・アイトラッキング(視線追跡分析/視線滞留時間分析)を用いた実験を行う。
・アイトラッキング、データ収集の意義
 個人がどこを何秒間見ているか等、無意識での視線の動きも含め客観的に
 データを収集することができる。


(2)実験参加者の属性


・2011 年9 月実施
・首都圏に住む41 名(男性20 名・女性21 名)
・平均年齢:40.88 歳であり
  30代以下:18 名、
  40代以上:23 名であった。
・調査協力者の現在の状況
  求職者21 名(うち女性11 名)
  在職者20 名(うち女性10 名)


(3)実験イメージ






(4)実験手法



・実際にハローワークで使用されている求人票をPDFファイルにし、
 視線計測装置(tobiiT60 アイトラッカー)の画面上に表示。

・PDF化された求人票は全て2011年7月から9月に東京都で実際に出された求人票を使用。

・求人票を見ている間、目線の測定を行った。

・視線の計測が終了した後、PDF化された求人票についてヒアリング。


(5)「Gaze plot手法」による実験結果の図示


Gaze plot手法とは。

視線の動きを数字の就いた円でしたものであり、
視線の動いた順番に円に番号がふられる。
また、
長く視線が留まった場所は円が大きく表示される。


2.Gaze plot手法による「視線の動き」検証結果。



以下に実験結果を、

「男性・女性」>「在職者・求職者」>「30歳以下・40歳以上」


にカテゴライズして紹介します。

属性によって、

視線の動き・注視の度合い

に差異が見られます。


(1)「男性・在職者・30代以下」の視線の動き





(2)「男性・在職者・40代以上」の視線の動き




(3)「男性・求職者・30代以下」の視線の動き





(4)「男性・求職者・40代以上」の視線の動き





(5)「女性・在職者・30代以下」の視線の動き






(6)「女性・在職者・40代以上」の視線の動き






(7)「女性・求職者・30代以下」の視線の動き


   

(8)「女性・求職者・40代以上」の視線の動き






3.この実験結果から見えてくるものと「効果的な求人票の書き方」



私見ながら、この実験結果から見えてくるものと、
そこから、「効果的な求人票の書き方」を検証しました。


(1)サンプリングに使われた求人票の情報について


この実験に使われた求人票。
冒頭でご紹介しました通り、

”実際にハローワークで使用されている求人票”
つまり、ハローワークで求人募集で公開されている
求人票が使われています。



ここで、視線の動き。

例えば、

”2.(5)「女性・在職者・30代以下」の視線の動き”
での、サンプル求人票。




「特記事項」欄(求人票、中下)・「備考」欄(求人票、右下)は、空白。

となっています。

この
「特記事項」欄・「備考」欄。

私見ながら、
書けるスペースがあるのに、
空白のままでは、もったいないと考えています。

では、

ここをどのように活用すれば、より、「効果的な求人票」となるか???

このヒントとなるデータを次に、ご紹介します。


(2)「求人票で、もっと知りたいと思った情報」ヒアリングレポート



本シリーズ第1回目・第2回目で紹介しました
ヒアリングレポートを改めて紹介します。

図3


この質問項目ランキングには、「意見」も付記されています。

報告書で紹介された「意見」と分析結果をご紹介します。

@ 職場環境や職場の雰囲気について記載してほしいというもの(14.63%)

A 仕事の内容についてもっと詳しく記載してほしいというもの(9.76%)

B 実際にもらえる賃金について記載してほしいというもの(9.76%)
  (意見)
  記載されている賃金に幅があるため。

C 年齢制限が存在するかどうか(7.32%)
  (意見)
  求人票には年齢制限が記載されていなくても、
  仕事の内容や企業が求める人材として年齢が関連しているならば、記載してほしい。

D 時間外勤務について(4.88%)
  (意見)
  時間外勤務についての記載はあるが、
  繁忙期などの時間外勤務などは記載されている情報と
  異なることもあるため、より詳細な記載がほしい。

E 退職率(離職率)について記載してほしいというもの(4.88%)。
  (意見)
  仕事の内容との関連もあるため、記載してほしい。


(3)「求人票の構造分析」と求人情報戦略。


私見ながら、
求人票は、この3つの「情報エリア」に分類できる
と考えています。


「会社情報エリア」は、
”会社の特長(ウリ)”をPRするエリアと考えていますので、

ここでは、
上記(2)の@〜Eを残りの「情報エリア」にプロットしてみます。


【仕事情報エリア】

A 仕事の内容について
C 年齢制限が存在するかどうか


Cの年齢制限については、
求人票のルールとして、
原則として、年齢制限はできませんが、

省令で定める事由に該当する合理的な理由がある場合には、
年齢制限を設けることが、例外的に認められる場合があります。


【勤務(職場)情報エリア】
@ 職場環境や職場の雰囲気
B 実際にもらえる賃金について
D 時間外勤務について
E 退職率(離職率)について


私は、コンサルティングやセミナーなどで
これらの情報を
「特記事項」欄・「備考」欄などの「フリースペース」を活用して情報発信

することをお話しています。


「特記事項」欄・「備考」欄の活用。

2.(2)”「男性・在職者・40代以上」の視線の動き”での
サンプル求人票の視線の動き。




この求人票では、
「特記事項」欄に「仕事の内容と経験の詳細」
が書かれています
やはり、視線はそこに動いています。

つまり、
「情報があれば、視線を向ける」

ことを実証していると言えます。

ですから、

上記の資料、赤枠で囲った                    

3つの「フリーエリア」

@「仕事の内容」欄
A「備考」欄
B「特記事項」欄
を活用すれば、求職者がより興味を

持ってもらうことができるのではと考えます。

 

 

ここに、

・会社・職場・仕事の”ウリ”となる情報を発信し、

・求職者が「自分が(会社・職場で)働いている姿」をイメージしてもらう

ことポイントです。

 


・求人ターゲットを絞り込み
・ターゲットが知りたい情報を
・ターゲット目線で適切な言葉で

情報発信する。

ターゲットである求職者が、応募したくなる情報を
「仕事の内容」欄
「備考」欄
「特記事項」欄

を使って、
求職者目線で伝えること。

つまり、
「求人票の効果的な書き方」とは、
みなさんの商品・サービスをプロモーションする
視点・考え方となんら変わりはありません。

私見ながら、これが
効果的な求人票書き方のポイントだと考えています。






最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

みなさまのご参考になれば幸甚です。

 

では、また。

 

※本コラムは、各ハローワークに取材に伺い、入手したリーフレットを
基にして、記事として掲載させて頂いております。
  

労務関連ニュース、毎月メルマガでお届けします!

 

【無料!】NEWS LETTER "社外総務課長の月例報告" 購読申込フォーム

  • 他社がマネできない求人票・求人媒体のご相談
  • 「求人票の書き方」セミナーなどのご依頼
  • 人材確保・定着のための人事制度構築 など
    お問い合わせ・ご相談はこちらからお願い致します。


  • お問い合わせ・お申込み