自社の魅力は唯一無二、「無敵の求人票」で人材確保。
広報・マーケティングのノウハウで、求人・人事から広報・販促まで。
会社・従業員・お客さま。「全方位三方よし」をサポートします。
大阪府社会保険労務士会 北東支部所属
  1. 【求人票を科学する(その2)】科学のチカラで検証実験!”求人票目線の世代間ギャップ”から効果的な求人票の書き方を検証しました。

 

【求人票を科学する(その2)】科学のチカラで検証実験!”求人票目線の世代間ギャップ”から効果的な求人票の書き方を検証しました。

2014/07/28
「求職者がどのような視線の動きで求人票を見ているか」

これまで、このテーマでの研究は行われていませんでした。

「独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)」が、
平成24年に実験検証を行い、以下のタイトルで、報告書を公開しています。
「中小企業における人材の採用と定着」(平成24年3月30日)
第T部 人材の募集と採用―人が集まる求人―
 第1章 求人情報において注目される点:アイトラッキングから


この研究では、
視線の動きを逐一記録できる装置(アイトラッキング装置)により、
求職者の閲覧における視線の動きを客観的にデータ収集しています。

収集したアイトラッキングデータは、
「ヒートマップ手法」により、
数値データを、
サーモグラフィのように、
頻度の低いものから、緑色→黄色→赤色にビジュアル化され、
科学的アプローチでその動きを分析しています。

今般、この報告書を入手しました。

シリーズでお送りする
「求人票を科学する」

第2回目の今回は、
”求人票目線の世代間ギャップ”
から、効果的な求人票の書き方を検証します。


※実験データは、
 独立行政法人 労働政策研究・研修機構が、
 ホームページに公開している 
 「労働政策研究報告書No.147(平成24年3月30日)」
 より引用します。

1.検証実験のスペック。



(1)実験の目的


・求人情報の閲覧行動について
・アイトラッキング(視線追跡分析/視線滞留時間分析)を用いた実験を行う。
・アイトラッキング、データ収集の意義
 個人がどこを何秒間見ているか等、無意識での視線の動きも含め客観的に
 データを収集することができる。


(2)実験参加者の属性


・2011 年9 月実施
・首都圏に住む41 名(男性20 名・女性21 名)
・平均年齢:40.88 歳であり
  30代以下:18 名、
  40代以上:23 名であった。
・調査協力者の現在の状況
  求職者21 名(うち女性11 名)
  在職者20 名(うち女性10 名)


(3)実験イメージ






(4)実験手法



・実際にハローワークで使用されている求人票をPDFファイルにし、
 視線計測装置(tobiiT60 アイトラッカー)の画面上に表示。

・PDF化された求人票は全て2011年7月から9月に東京都で実際に出された求人票を使用。

・求人票を見ている間、目線の測定を行った。

・視線の計測が終了した後、PDF化された求人票についてヒアリング。


(5)「ヒートマップ手法」による実験結果の図示



ヒートマップ手法

数値データを色により表現する図解の手法であり、
色による地図の等高線のような形となり、
低い値から高い値になるに従って緑色→黄色→赤色と表現。



2.ヒートマップによる「目線の世代間ギャップ」



以下に実験結果を紹介します。


(1)”在職者30代以下”の目線





(2)”在職者40代以上”の目線





(3)”求職者30代以下”の目線


   


(4)”求職者40代以上”の目線




(5)報告書サマリーレポートより



以下のように解析しています。

@在職者の30代以下においては、
 事業所名・仕事の内容・賃金・就業時間・休日などといった項目の注視時間が長かった。

A求職者の30代以下では、主に仕事の内容を長く見ているようであり、
 賃金などはあまり見ていないようであった。

B求職者の30代以下と比較すると、在職者の30 代以下は全体的に様々な項目を見ているようであった。
 40代以上においても、在職者の方が求職者より、比較的様々な項目を見ているようであった。

C在職者の40代以上においては、事業所名・仕事の内容・就業時間などといった項目の注視時間が長かった。

D求職者の40 代以上は、主に仕事の内容を長く見ているようであり、その他の項目については
 あまり長くは見ていなかった。


3.実験後のヒアリングデータ



実験後の被験者に対するヒアリング結果も公開されています。

(1)求人票の注目項目






この結果について報告書は、

@30代以下・40代以上ともに、仕事の内容に注目したという回答が最も多かった(それぞれ100%、82.61%)。
A30代以下は賃金(38.89%)・就業時間(33.33%)に注目したという回答が比較的多かった。
B40代以上においても同様に、賃金(39.13%)・就業時間(34.78%)に注目したという回答が比較的多かった。

と分析しています。


(2)求人票で「応募に前向きになれる」要因






この結果について報告書は、

@30代以下・40代以上ともに仕事の内容に興味があること、自分に合ったものであることという回答が
 最も多かった(それぞれ66.67%、56.52%)。
A30代以下では就業場所と自宅が通勤可能な距離であること(16.67%)、
 賃金が高いこと(16.67%)、就業時間が朝から夕方までであること(16.67%)、
 休日が土日祝日であること(16.67%)、雇用形態が正社員であること(16.67%)などといった回答が
 比較的多かった。
B40代以上では就業場所と自宅が通勤可能な距離であること(26.09%)、
 就業時間が朝から夕方までであること(17.39%)などといった回答が比較的多かった。

と分析しています。


(3)求人票で「応募を躊躇する」要因






この結果について報告書は、

@30代以下・40代以上ともに仕事の内容に興味がないこと(それぞれ66.67%、52.17%)といった回答が
 最も多かった。
A30代以下では雇用形態が正社員でないこと(22.22%)、休日が不特定であること(16.67%)などといった
 回答が比較的多かった。
B40代以上では就業時間が不特定であること(26.09%)、就業場所と自宅が遠いこと(21.74%)などといった
 回答が比較的多かった。


と分析しています。



3.「効果的な求人票の書き方」の検証



以上の実験結果を踏まえて、
私見ながら、
「効果的な求人票の書き方」を検証します。


(1)今回の傾向について



今回の傾向については、
母集団である被験者の就業形態(正社員か否か)の属性が明らかでないため、

「仕事の内容」の他に、
「正社員・休日・就業時間・就業場所」

などの興味関心がウェイトを占めた感を感じます。

ここで、ここで、全被験者に対して、意見聴取した
実験に使われた、実際の求人票に対しての、

「もっと詳しく記載してほしい情報」

を加味します。

図4−1


上位には、

・「職場環境・職場の雰囲気」
・「詳細な仕事内容」

のほかに、

「実際の賃金例」も挙がっています。


(2)「職場環境・職場の雰囲気」について



年齢セグメントでの
「前向きになれる」・「応募に躊躇する」要因の

賃金・休日・雇用形態などの項目。

これは、「仕事の内容」というよりも、
「職場の環境(=就業環境)」に関する事項です。


例えば、

・賃金(諸手当を含む)は、どのように改定されるのか
・休日の決め方(シフト制の場合)
・当初は正社員雇用でなかったとしても、
 どのような基準で登用される途があるのか。


といった、情報は、この項目の詳細事項として、
興味を持ってもらえる要素と考えます。


(3)「仕事の内容」について



年齢セグメントで考えた場合には、
30代以下・40代以上では、会社の期待する役割が異なってきます。

とすれば、「仕事の内容」で、
求人ターゲットによって、
「仕事で期待される役割」
まで書いておくことが、興味を持ってもらう要素と考えます。


では、どこに・どんな情報を・どのように書くか???
ということですが、

求人票の「構造分析」をすると、

以下の3つのエリアに分類できます。


@「仕事情報」エリア

A「勤務(職場)情報」エリア

B「会社情報」エリア


ヒートマップの実験結果にあるように、
注視時間は、「仕事の内容」を中心に展開していきます。

そして、
「職場(勤務)情報」と「会社情報」

上記(2)の
「もっと詳しく記載してほしい情報」に挙がっている理由は、
残念ながら、サンプルとなった求人票では、
「職場情報」・「会社情報」が十分な情報発信がなっかた故の
ことと考えられます。

とすれば、

求人票の3つの「フリーエリア」

@「仕事の内容」欄
A「備考」欄
B「特記事項」欄
を活用すれば、求職者がより興味を

持ってもらうことができるのではと考えます。

 

ここに、

・会社・職場・仕事の”ウリ”となる情報を発信し、

・求職者が「自分が(会社・職場で)働いている姿」をイメージしてもらう

ことポイントです。

 

・求人ターゲットを絞り込み
・ターゲットが知りたい情報を
・ターゲット目線で適切な言葉で

情報発信する。

ターゲットである求職者が、応募したくなる情報を
「仕事の内容」欄
「備考」欄
「特記事項」欄

を使って、
求職者目線で伝えること。

つまり、
「求人票の効果的な書き方」とは、
みなさんの商品・サービスをプロモーションする
視点・考え方となんら変わりはありません。







最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

みなさまのご参考になれば幸甚です。

 

では、また。

 

※本コラムは、各ハローワークに取材に伺い、入手したリーフレットを
基にして、記事として掲載させて頂いております。
  

労務関連ニュース、毎月メルマガでお届けします!

 

【無料!】NEWS LETTER "社外総務課長の月例報告" 購読申込フォーム

  • 他社がマネできない求人票・求人媒体のご相談
  • 「求人票の書き方」セミナーなどのご依頼
  • 人材確保・定着のための人事制度構築 など
    お問い合わせ・ご相談はこちらからお願い致します。


  • お問い合わせ・お申込み