自社の魅力は唯一無二、「無敵の求人票」で人材確保。
欲しい人材に響く求人・人事制度から広報・販促、会社案内まで。
求人票コピーライター・求人から相談できる社労士がサポートします。
大阪府社会保険労務士会 北東支部所属
  1. 「女性が多い職場です」で「会社のいいところ」が伝わりますか?
    【他社がマネできない「無敵の求人票」 求人票の書き方】
 

「女性が多い職場です」で「会社のいいところ」が伝わりますか?
【他社がマネできない「無敵の求人票」 求人票の書き方】

2014/05/15
求人広告。

・「女性が多い職場です」
・「しっかりとした教育システムがあります」
・「やる気のある方が成長できる会社です」
などなど。

「会社のいいところ」・「会社の魅力」をアピール
するこのようなフレーズを目にすることがあります。

なのですが、
求人票の書き方、
このフレーズで求職者に効果的に伝わっているでしょうか???

今回は、広報視点からの情報発信
「効果的な書き方のポイント」
具体的な文例を挙げながらお話を。


1.文例1 : 「女性が多い職場です」

 

(1)このフレーズの意図


このフレーズ、女性が求人ターゲットなアピールなのかな?と考えます。

ですが、
この”多い”という言葉の概念って、
求職者の主観によって受取り方が変わってくる言葉ですよね。

・女性が何人いれば”多い”???
・女性の比率が何%であれば”多い”???
・その”多い”はどのレベルで”多い”???
 会社全体???それとも???

これって、人によって基準がまちまちですよね。

これとよく似た言葉に、

「多くの女性が活躍している職場です」

という文例も考えられます。

が。

”活躍”ってどんな状態を”活躍”???
・女性管理職が多い職場???
・セールスのエースが女性な職場???
・”多く”って何人???

などなど。

この言葉もまた、人によって受け取り方がまちまちですよね。

(2)広報視点からの「効果的な求人票の書き方」のポイント


商品の広告に置き換えて考えてみます。

「多くの人がご愛用!」と「100万人がご愛用!」

数字の根拠は、別として、
どちらが、スケール感として、
ターゲットに伝わってイメージしてもらえるでしょうか???

つまり、情報発信のポイントは
「具体的な数値情報」
ということになります。


2.文例2 : 「近くに保育所があります」



(1)このフレーズの意図



このフレーズも、女性を求人ターゲットにしたアピールなのかな?と考えます。

ですが、”近い”という言葉も

・5分が近いと感じる人もいればそうでない人もいる

求職者の主観によって受取り方が変わってくる言葉ですよね。


(2)広報視点からの「効果的な求人票の書き方」のポイント



このフレーズは、福利厚生に関する事項なのですが、

例えば、
事務所と工場が立地の関係上、近隣ですが離れている場合

この場合について、ハローワークの担当者さんとディスカッションしたのですが、
就業場所の所在地(住所など)を明記することを求められます。

とすれば、

保育所はどこにあるのかを距離・時間などの客観的・具体的指標で明記すること


が情報発信のポイントであると言えます。

つまり、「客観的・具体的な情報」ということになります。

また、福利厚生であれば、

会社とどんな契約をしている保育所か

なども、気になるところでもありますね。


3.文例3 : 「しっかりとした教育システムがあります」

 

(1)このフレーズの意図



このフレーズ、”人材育成”をアピールしたいのかな?と考えます。

この”しっかり”という言葉の概念も
求職者の主観によって受取り方が変わってくる言葉ですよね。

・教育期間が長いことが”しっかり”???
・OJT主体のカリキュラムが”しっかり”??? 
 OFF−JTがカリキュラムにあることが”しっかり”???
・フォローアップがあることが”しっかり”???

これも、人によって基準がまちまちですよね。


(2)広報視点からの「効果的な求人票の書き方」のポイント



会社をPRする場合に置き換えて考えてみます。

製造業で
「しっかりと品質管理しています」と「ISO9001認証取得済」
「ちゃんと環境に配慮しています」と「ISO14001認証取得済」

どちらが、品質管理・環境管理のクオリティがよく伝わるでしょうか???

つまり、ここも情報発信のポイントは、
「客観的・具体的な情報」ということになります。

4.文例4 : 「やる気のある方が成長できる会社です」



(1)このフレーズの意図



このフレーズ、”来てほしい人材像”をアピールしたいのかな?と考えます。

ですが、このやる気”あるいは”ガッツのある方”などの表現。

これは、ハローワークの担当者さんともお話したことがあるのですが、難色を示されます。

理由は明確

「やる気」という言葉は、抽象的・主観的でわからない。

です。

人材に対する”成長”という言葉も同じですよね。
到達点が抽象的・主観的です。


(2)広報視点からの「効果的な求人票の書き方」のポイント


この情報を発信する場合には

会社が”やる気”をどう評価しているか?

を考えてみてください。

会社によって、いくつかの要素に分類できることと考えます。

そして、

会社が”従業員の成長”にどう報いているのか?

も考えてみてください。


ポストで報いる・給与、賞与で報いるなど
会社によって、さまざまな評価・施策があろうかと考えます。

ここも情報発信のポイントも、
「客観的・具体的な情報」ということになります。


5.広報視点の情報発信のポイントのまとめ


各文例で、ポイントとしてお話した内容。

まとめると情報発信のポイントは、

数値などの「客観的・具体的な情報」に収斂できます。


経営戦略・事業戦略の計画などをプレゼンテーションする場面に置き換えて考えてみます。

・「多くの売上が見込めます」
・「ちゃんと人が育てば売上が上がります」
・「目標達成はもう近くにきています」

などのフレーズは、受け手への説得力・納得感はないですよね。

「この指とまれ」。

販促・広報の世界でのブランディングのキーワード
USP(Unique Selling Proposition)
をイメージする例えとしてよく言われる話です。

ですが、
「この指」が
・誰に向けて”とまれ”と言っているのか
・何があるから”とまれ”と言っているのか
・”とまれ”で、とまったら何を得ることができるのか
つまり、
「『この指、なんなの???』を明確にイメージできる情報」
を発信しないと振り向いてもらえません。


数値などの客観的・具体的な情報は、
情報の受け手である求職者がイメージできる情報
と言えます。


求人広告媒体のスペースによっては、
文字数の制約が発生するケースがありますが、

本コラムでたびたびお話している通り、

求人票には、

「仕事の内容」欄・「特記事項」欄・「備考」欄
概ね200文字づつ自由に情報発信できるスペース

があります。

ここを活用して、

求職者に
・どんな会社で
・どんな職場で
・どんな仕事をするのか


をより、具体的にイメージしてもらって、
「この会社のこの仕事、私にマッチしている」と感じてもらうことが、
応募という行動に繋がるポイント

と考えている次第です。

※と、いうようなことのための
 情報のネタ出し・整理のノウハウを
 セミナーや、個別コンサルティングでお話しています。






 

※本コラムの内容は、各所取材の上、入手した情報を基に、

 記事として掲載させて頂いております。


・新定番!な求人票の書き方のノウハウ・求人戦略情報 満載! コラム好評連載中!
 【応募率94.8%! のノウハウ 】: 新定番!な求人票の書き方

           ▽
    http://www.heartrock-noma.com/contentscate_127_1.html

・ソリューション・メニュー
 【新定番な求人ノウハウ】94.8%の応募率! 求人原稿コンサルティング

           ▽
  http://www.heartrock-noma.com/contents_327.html

 【2時間でわかる!欲しい人材に会社をPR!】”新定番!”な求人票の創り方セミナー  
           ▽
  http://www.heartrock-noma.com/contents_297.html

※ご相談・お問い合わせは、下の「ご相談・お問い合わせフォーム」からお願い致します。

労務関連ニュース、毎月メルマガでお届けします!


【無料!】NEWS LETTER "社外総務課長の月例報告" 購読申込フォーム

  • 他社がマネできない求人票・求人媒体のご相談
  • 「求人票の書き方」セミナーなどのご依頼
  • 人材確保・定着のための人事制度構築 など
    お問い合わせ・ご相談はこちらからお願い致します。


  • お問い合わせ・お申込み