自社の魅力は唯一無二、「無敵の求人票」で人材確保。
欲しい人材に響く求人・人事制度から広報・販促、会社案内まで。
求人票コピーライター・求人から相談できる社労士がサポートします。
大阪府社会保険労務士会 北東支部所属
  1. 【4/17リリース!】「2014年度 新入社員『会社や社会に対する意識調査』」から就活生への求人戦略を検証しました。
 

【4/17リリース!】「2014年度 新入社員『会社や社会に対する意識調査』」から就活生への求人戦略を検証しました。

2014/04/25
日本能率協会
2014年04月17日ニュースリリース

新入社員「会社や社会に対する意識調査」

調査スペック(回答数1,039人)
・ 2014年3月27日〜4月8日の期間
・ 2014年度入社の新入社員を対象


対象となった新入社員=昨年の就活生。

私見ながら、このデータ。
イマドキの就活生の会社選びの興味・関心をから
求人戦略を示唆する項目がいくつか見えてきました。

折しも、就活シーズン真っ只中。

今回は、このデータから
”就活生への求人戦略(効果的な求人票の書き方など)”を検証してみました。
※資料は、日本能率協会2014年04月17日ニュースリリース資料から引用。


1.独立指向と働き方







・ 定年まで勤めたい :50.7%
  ※調査を開始した1999年以降、初めて過半数に達したとのことです。

・ 競争をするよりも、ある年代まではみんなで平等に上がっていく年功主義の会社       : 42.9%
  実力のある個人が評価され、早い昇進や高い給与が実現できる徹底した実力・成果主義の会社 : 55.1%


日本能率協会のこの調査のサマリーにもありますが、

定年まで勤めたいが、結果に対する評価はきちんとしてほしい。

つまり、
・安定した雇用環境での長期のキャリア形成
・短期に成果に報いる人事評価

傾向が伺えます。


2.会社を選ぶ基準・期待する上司像



 


この傾向、能率協会のサマリーにもありますが、

当初の会社選びの基準と最終的な選択のギャップ。

「業種」を優先して就職活動を行いつつも、入社の決め手は「雰囲気」。
仕事の内容だけでなく、自分の居場所として心地よい企業を選んでいる。

傾向が見えます。

また、
・知名度
・給料の高さ
の要素については、意外と占率が低い傾向も窺えます。

上司像からは、
「丁寧に指導してほしい」
つまり、仕事を覚える・進める過程での支援を求める

傾向が窺えます。


3.将来のワークライフバランス




共働きで育児をする場合 女性の回答

・ ぜひ育児休暇を取得して育児をしたい : 80.0%
・ 会社で前例があれば取得したい    : 10.5%
を合わせると90.5%

女性が育児休業を取得したいと回答する割合は過去最高
とのことです。

女性の長期キャリア形成指向もさることながら、
この結果は、今後の職場環境の整備の方向性も示唆していると考えます。


4.就活の情報収集




ここで、私見ながら、注目したのは、

・会社説明会
・WEBサイト(企業サイト)
・学校の就職センター


WEBの口コミサイトで企業担当者の応対を情報共有しつつも、
最終的には、客観的第三者(就職センター)からの情報も加味し、
自分の目で取捨選択

の傾向が伺えます。

5.就活生への求人戦略


(1)独立指向と働き方から


 キャリア形成指向とメリハリのついた人事評価

 情報発信の切り口として、例えば、

 ・ 3年後・10年後のキャリアパス(会社でどんなポジションにいるか)
 ・ 将来の期待される役割
 ・ 人事評価制度の概要
 などが考えられます。


(2)会社を選ぶ基準・期待する上司像から


 「会社の雰囲気」     : 50%超
 「仕事について丁寧な指導」: 約60%



 情報発信の切り口として、例えば、
 ・ 入社後、初期段階での制度だけではない育成・指導体制
 ・ 職場レベルでの先輩社員の育成・指導での関わり方
 ・ 仕事の進め方・OJT等の具体的な内容
 などが考えられます。

(3)将来のワークライフバランスから


 ここでのポイントは育児休業の取得指向の高さ。

 情報発信の切り口として、例えば、

 ・ 育児休業取得者実績
 ・ 育児休業等に関する支援体制

 などが考えられます。

(4)就活の情報収集


 就活サイトで情報共有しつつ、実際に会社説明会に出向いて情報収集。
 もさることながら、学校の就職センターでの情報への信頼性。

 例えば、本コラムで紹介しています
新卒応援ハローワーク

 私が実際に求人支援の際にもこちらへの求人をご提案しています。
 取材してお伺いした話でもありますが、
 ハローワークの担当者毎に学校担当を兼任しています。
 つまり、

学校との独自のパイプ・情報共有の連携体制がある

 ということは、
 就職センターを訪れる就活生の目に触れるチャンスが
 あるということを示唆しています。
 
 求人ルートの一つの選択肢として活用できる媒体と考えます。
 

(5)会社説明会・採用面接等でのポイント


 また、「会社の雰囲気を重視する」点ついては、
 選考プロセスにおいて、

接する社員の雰囲気や誠実さから判断している

 ということを示唆しています。

 求人募集をかけてからの
 会社説明会・採用面接から、採用担当者として・会社として、
 雰囲気をPRする仕掛けも入社モチベーションアップに
 有効かとも考えます。

 就活生もその周囲にいるみなさんも、広くみれば、
 会社のお客様候補ですし、採用というご縁に至らなかったとしても、
 「会社を広報(PR)する」視点では、
採用担当者も会社のプロモーションの担い手=広報担当
 と考える次第です。




 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

みなさまのご参考になれば幸甚です。

では、また。

 

 

※本コラムの内容は、各所取材の上、入手した情報を基に、

 記事として掲載させて頂いております。



・新定番!な求人票の書き方のノウハウ・求人戦略情報 満載! コラム好評連載中!
 【応募率94.8%! のノウハウ 】: 新定番!な求人票の書き方

           
    http://www.heartrock-noma.com/contentscate_127_1.html

・ソリューション・メニュー
 【新定番な求人ノウハウ】94.8%の応募率! 求人原稿コンサルティング

           
  http://www.heartrock-noma.com/contents_327.html

 【2時間でわかる!欲しい人材に会社をPR!】”新定番!”な求人票の創り方セミナー  
           
  http://www.heartrock-noma.com/contents_297.html

※ご相談・お問い合わせは、下の「ご相談・お問い合わせフォーム」からお願い致します。


労務関連ニュース、毎月メルマガでお届けします!


【無料!】NEWS LETTER "社外総務課長の月例報告" 購読申込フォーム

  • 他社がマネできない求人票・求人媒体のご相談
  • 「求人票の書き方」セミナーなどのご依頼
  • 人材確保・定着のための人事制度構築 など
    お問い合わせ・ご相談はこちらからお願い致します。


  • お問い合わせ・お申込み