自社の魅力は唯一無二、「無敵の求人票」で人材確保。
欲しい人材に響く求人・人事制度から広報・販促、会社案内まで。
求人票コピーライター・求人から相談できる社労士がサポートします。
大阪府社会保険労務士会 北東支部所属
  1. 【2014年04月07日東洋経済オンライン配信】”転職大ブーム! 崩れる「35歳転職限界説」”から、求人戦略を検証・解析しました。
 

【2014年04月07日東洋経済オンライン配信】”転職大ブーム! 崩れる「35歳転職限界説」”から、求人戦略を検証・解析しました。

2014/04/08
「35歳転職限界説」

私自身の転職経験なのですが、
バブルが崩壊の余波で最初の転職をした年齢は37歳

以降、複数の会社を人事屋・キャリコンとして、
渡り歩いたのですが、転職活動は、この仮説の時代の
真っ只中。「年齢が・・・」の一言で、苦戦を強いられました。

2014年04月07日東洋経済オンライン配信記事。

私自身の転職の経験則と関心から、
”転職大ブーム! 崩れる「35歳転職限界説」”のフレーズが気になり、
記事を読み進めると、最近トレンドが変わってきているとの
こと。

今回は、私見ながら、この記事で引用されたデータ等から、

”「35歳転職限界説」が崩れた労働市場”での求人戦略(効果的な求人票の書き方など)

を検証・解析してみました。

※以下の資料等の出典 : DODA HP公開「ホンネの転職白書」


1.転職平均年齢の推移


このような調査資料が公開されています。



この資料に対しては、

・ ミドル層の採用が活発化。35歳以上の割合は23.6%と6年で2倍以上

・ 企業がミドル層の採用に積極的になったのは、ここ2〜3年。

・ その背景。世の中の変化に合わせて、新商品や新サービスの開発、
  場合によっては新たなビジネスやマーケットを開拓する必要に迫られているため

・ 男女別に転職者の平均年齢を見てみると、
  男性 : 31.3歳(+2.6歳)
  女性 :29.4歳(+1.7歳)
  特に男性の年齢上昇が目立つ。

・ 長期的なキャリア形成を望む女性が増え、企業側も女性の活用を積極的に進めていることから、
  数年後には女性の転職年齢も大きく上昇することが推察される。
などの分析コメントがなされています。


2.職種別にみる転職平均年齢の推移


このような調査資料が公開されています。




この資料に対しては、

・ 資格や専門スキルが必要な職種ほど転職年齢は高い傾向。

(転職前の職種)
・ 職種別では、「技術系(建築/土木)」の年齢が最も高く36.0歳。
  2007年4〜9月の平均年齢と比較して+6.1歳と、上昇幅も最大。
  ※背景として
   昨今の建設ラッシュにより、施工管理職、設計職は深刻な人手不足に陥っているため、
   企業は資格保持者であれば年齢問わず積極的に採用。

・ 職種別で年齢が低いのは
   販売/サービス系 : 28.7歳
   営業系      : 29.5歳 
   これらの職種出身者は、年齢を重ねることで身に付く専門スキルよりも、
   コミュニケーション力や営業成績など年齢を問わないその人自身のポテンシャルを
   評価されることが多い傾向。
   柔軟性や将来性を期待できる若手の方が採用されやすく、転職年齢は低くなっている。

(転職後の職種)
・ 技術系(医療/化学) : 33.0歳
   ※背景として
    臨床開発や薬剤師、化学系の研究開発職などは、
    資格や専門スキルを保有している人であれば、年齢を問わず採用される傾向にある。

・ 事務・アシスタント系 : 32.7歳
  は、2007年4〜9月の平均年齢と比較して+5.5歳と、上昇幅が最も大きい。
   ※背景として
    事務職の多くが派遣社員で構成されるようになり、正社員として採用される場合には、
    高いスキルが求められるようになったこと。

などの分析コメントがなされています。

3.企業側の転職者受け入れマインド


この点については、
以前のコラムでもご紹介しました。

「平成25年度雇用政策研究会報告書」
での公開データがその傾向を示唆しています。



・ 時系列でみると、大企業、中企業で転職入職者の割合が増大する傾向となっている。
・ 企業規模別では、企業規模が小さいほど転職入職者の割合が大きい。
などの分析コメントをご紹介しました。


私見ながら、
”終身雇用制度の崩壊”
と言われて久しい感がありますが、
転職者(中途採用)のハードルは下がっている感があります。


4.異業種・異職種の労働移動(転職)のトレンド


では、転職者の労働移動のトレンドですが、
このような調査資料が公開されています。

(1)異業種・異職種の転職指向




この資料では、

・異”業種”へ転職した人の割合 : 59.1%

・異”職種”へ転職した人の割合 : 33.9%


この割合の差異については、

「業種」よりも「職種」のほうが、
能力・経験・技術・専門知識など短期間では身につかない要素によって決まってくるため、
基本的には「今の職種」の延長線上での転職を考える方が多い。

との分析コメントがなされています。


(2)異業種への転職傾向




この資料についてのコメントですが、
・ 最も異業種への転職者割合が高い業種
   商社/流通 : 88.6%
   小売/外食 : 80.8%
   メディア  : 79.5%

・ 異業種への転職者割合が低い(=同業種への転職が多い)
   メディカル業界 : 74.0%
   IT/通信    : 62.0%
   メーカー    : 44.2%

そして、

・ 「商社/流通」からの最も多い転職先業種 
   同業種ではなく「メーカー」で、24.0%
   その内訳 : 営業職の割合が高く、
    例えば、
      電子機器の商社で法人営業職 → 半導体メーカーの営業職
      消費財を扱う商社の営業職  → 消費財メーカーの営業職 
    業種は異なるものの、商材の知識を活かして、同じ商材を扱う企業へ転職している例が目立つ。

・ 「小売/外食」からの転職先業種
  「メディカル」業界のMR職
  「IT・通信」業界のインフラエンジニア職
  「建設・不動産」業界での住宅営業職
  など、転職前の仕事とは全く別の仕事にチャレンジしている事例が多い

との分析コメントがなされています。

私見ながら、この傾向。
業種によって、転職者の指向として、

・ 「自分の培ってきたキャリア」を活かして、業種を問わずに転職

  もしくは、

・ 「キャリアチェンジ」のために、経験を土台に業種を問わずに転職

の2方向を指向しているトレンドがみてとれます。

異業種でも活用できる・通用する”コアなエンプロイアビリティ”

は、中途採用を受け入れる企業側の転職者への期待値としても大事なファクターであると考えます。

5.”「35歳転職限界説」が崩れた労働市場”での求人戦略


以上のデータ。俯瞰してみるにもはや、

「35歳転職限界説」

は、昔日の感がありますが、

私見ながら、このような求人戦略が考えられます。
キーワードは、
@ 異業種での仕事イメージの明確化

A 転職者へのキャリアの要求レベルの明確化

B 業界内での会社の独自の強み

です。


(1)異業種からの転職希望者に対して


異業種からの転職者のその業界での仕事に対する期待と不安の部分。

例えば、
・ 業種独自の労働条件(シフトの有無・決め方・休日シフトなど)
・ 未経験者OKとした場合の入社後の育成・指導体制
・ 業界個別・特有な仕事の内容

など、
「ここで働く」ことをイメージするうえで、転職者が知りたい情報
であると考えます。


(2)経験・能力・知識の要求レベル


上記4.の転職例でもありましたように
転職者のウリになる部分は、
個人のオリジナルなノウハウ・経験・知識
”コアなエンプロイアビリティ”
だったりします。

とすると、

経験・能力・知識の会社側の要求するレベル

例えば、
・ 職務遂行のため、その業界での知識が、どのレベルまで必須なのか?
・ どんな知識・ノウハウ・資格があればOKなのか?
・ どんなスキルが、なぜこの職種で必要なのか?

などの情報は、
スキルマッチングのうえで、転職者が知りたい情報
であると考えます。


(3)業界での会社の強み


異業種転身を視野に入れた場合。転職者ご自身の異業種への不安と期待の部分。

この会社の将来性・方向性は・理念は???

は気になるところです。

例えば、
・ 中長期のビジョン・今後の出店予定などの経営計画
・ 業界内のシェア・主要取引先
・ お客さまに選ばれ続ける、会社の本当の強み・個性

などの情報は、
自身と会社の将来性を測るうえで、転職者の知りたい情報
であると考えます。



ではその情報発信

本コラム・セミナーなどで、ご紹介しています通り、

ハローワークの求人票には、

「仕事の内容」欄・「特記事項」欄・「備考」欄
併せて、900文字(400字詰め原稿用紙2.25枚分)の自由記入欄

があります。



「年齢はただの記号」

たしか、ユニクロのCFかなにかで(夏木マリさん???)記憶にあるフレーズですが、

年齢に囚われずに、能力・経験・知識など欲しい人材像が持っている
キャリアを明確にイメージしたうえで、

これらを活用して、

ハローワークに、
求職者が知りたい情報を発信することが、有効な求人戦略。


と考える次第です。


 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

みなさまのご参考になれば幸甚です。

では、また。

 

 

※本コラムの内容は、各所取材の上、入手した情報を基に、

 記事として掲載させて頂いております。




・新定番!な求人票の書き方のノウハウ・求人戦略情報 満載! コラム好評連載中!
 【応募率94.8%! のノウハウ 】: 新定番!な求人票の書き方

           
    http://www.heartrock-noma.com/contentscate_127_1.html

・ソリューション・メニュー
 【新定番な求人ノウハウ】94.8%の応募率! 求人原稿コンサルティング

           
  http://www.heartrock-noma.com/contents_327.html

 【2時間でわかる!欲しい人材に会社をPR!】”新定番!”な求人票の創り方セミナー  
           
  http://www.heartrock-noma.com/contents_297.html

※ご相談・お問い合わせは、下の「ご相談・お問い合わせフォーム」からお願い致します。


労務関連ニュース、毎月メルマガでお届けします!


【無料!】NEWS LETTER "社外総務課長の月例報告" 購読申込フォーム

  • 他社がマネできない求人票・求人媒体のご相談
  • 「求人票の書き方」セミナーなどのご依頼
  • 人材確保・定着のための人事制度構築 など
    お問い合わせ・ご相談はこちらからお願い致します。


  • お問い合わせ・お申込み