自社の魅力は唯一無二、「無敵の求人票」で人材確保。
欲しい人材に響く求人・人事制度から広報・販促、会社案内まで。
求人票コピーライター・求人から相談できる社労士がサポートします。
大阪府社会保険労務士会 北東支部所属
  1. 【速報!】平成26年4月1日から新規スタート! 就業促進手当【ハローワーク・リーフレットより】


 

【速報!】平成26年4月1日から新規スタート! 就業促進手当【ハローワーク・リーフレットより】


2014/04/02
先のコラム

~【速報!】育児休業給付、4月1日より引き上げ。"67%"の意味。~

の冒頭でご紹介した、
「雇用保険法の一部を改正する法律案の概要」

こちらの資料の「3.その他の(1)」

”就業促進手当(再就職手当)の拡充【平成26年4月1日施行】”


こちらに関する情報、
 
ハローワークで、
まだ、所内のスタンドに置かれる前の状態(4月2日午前現在)
リーフレットを入手しましたので、

現時点で判明している詳細を速報!でレポートします。



1.手当の名称と対象者



  概要では、

  「就業促進手当」でしたが、「就業促進”定着”手当」

  という名称になっています。

  


  


  対象者については、以下の通り定義されています。

  
平成26年4月1日以降の再就職で、

  @ 再就職手当の支給を受けていること

  A 再就職の日から、
    ・ 同じ事業主に6か月以上
    ・ 雇用保険の被保険者として
    雇用されていること。

  B 所定の算出方法による

    ”再就職後6か月間の賃金の1日分の額”が、
    ”離職前の賃金日額を下回る”こと

  ※なお、
  
「起業により再就職手当を受給した場合」には、「就業促進手当」は受けられない

  とのことです。


2.支給額と計算式など


  

(1)支給額の計算式 


 
このように、定義されています。




(2)”再就職後6か月間の賃金の1日分の額”計算式



上記(1)の”再就職後6か月間の賃金の1日分の額”
以下の通り、定義されています。





(3)上限額

 

上限額=基本手当日額×支給残日数×40%

ですが、計算基礎になる基本手当日額に対して上限額があります。

・ 離職時の年齢が60歳未満     : 5,840円
・ 離職時の年齢が60歳以上65歳未満 : 4,729円
※平成25年7月31日まで



3.申請手続など



(1)申請期間



   再就職した日から6か月経過した日の翌月から2か月間
   ※再就職手当の支給申請を行ったハローワーク宛(郵送も可)


(2)申請書類


   
   @ 就業促進定着手当支給申請書
   A 雇用保険受給資格者証
   B 就職日から6か月の出勤簿の写し
   C 就職日から6か月の給与明細又は賃金台帳の写し
   ※B・Cは事業主からの原本証明が必要

とのことです。







最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

みなさまのご参考になれば幸甚です。

 

では、また。

 

※本コラムは、各所で取材・情報収集した内容を基に記事として掲載しております。

労務関連ニュース、毎月メルマガでお届けします!

 

【無料!】NEWS LETTER "社外総務課長の月例報告" 購読申込フォーム


  • 他社がマネできない求人票・求人媒体のご相談
  • 「求人票の書き方」セミナーなどのご依頼
  • 人材確保・定着のための人事制度構築 など
    お問い合わせ・ご相談はこちらからお願い致します。


  • お問い合わせ・お申込み