自社の魅力は唯一無二、「無敵の求人票」で人材確保。
欲しい人材に響く求人・人事制度から広報・販促、会社案内まで。
求人票コピーライター・求人から相談できる社労士がサポートします。
大阪府社会保険労務士会 北東支部所属
  1. 【速報!】 平成25年度 地域別最低賃金、答申改定額公表。
 

【速報!】 平成25年度 地域別最低賃金、答申改定額公表。

2013/09/11
2013年9月10日
厚生労働省プレスリリース
標題     : 全都道府県で地域別最低賃金の改定額が答申されました
サブタイトル : 〜全国加重平均額は764円。
          11都道府県中10都府県で生活保護水準との逆転現象が解消〜


採用を検討する際に、

 ・ 賃金(給与)をいくらで求人を出すか?
 ・ 今、巷の状況がどんな感じか?

実はとても、気になるところです。

平成25年度に改正が予定される地域別最低賃金

この情報を入手しましたので、速報!でお伝え致します。



1.答申された 「平成25年度地域別最低賃金額」の状況です。




関西圏では、

滋賀県   : 730円(14円)
京都府   :   773円(14円)
大阪府   :   819円(19円)
兵庫県   : 761円(12円)
奈良県   : 710円(11円)
和歌山県  : 701円(11円)

※( )内は引き上げ額


となっています。


2.公表された「平成25年度 地域別最低賃金額答申状況のポイント」です。


@ 改定額の全国加重平均額は764円(昨年度749円、15円の引上げ)。

A 改定額の分布は664円
 (鳥取県、島根県、高知県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、沖縄県) 〜869円(東京都)。

 すべての都道府県で11円以上( 11 円〜22円) の引上げが答申された。

B 地域別 最低賃金額が生活保護水準と逆転している
 11都道府県(北海道、青森、宮城、埼玉、千葉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫、広島)のうち、
 北海道を除く10都府県で逆転が解消。


とプレスリリースされました。

また、

答申された改定額は、各都道府県労働局での関係労使からの異議申出に関する手続を経て
正式に決定され、
10月6日から11月上旬までに順次発効する予定。


とのことです。





最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

みなさまのご参考になれば幸甚です。

 

では、また。

 

※本コラムは、厚生労働省で公表された資料を基に記事として掲載しております。

労務関連ニュース、毎月メルマガでお届けします!

 

【無料!】NEWS LETTER "社外総務課長の月例報告" 購読申込フォーム


  • 他社がマネできない求人票・求人媒体のご相談
  • 「求人票の書き方」セミナーなどのご依頼
  • 人材確保・定着のための人事制度構築 など
    お問い合わせ・ご相談はこちらからお願い致します。


  • お問い合わせ・お申込み