自社の魅力は唯一無二、「無敵の求人票」で人材確保。
欲しい人材に響く求人・人事制度から広報・販促、会社案内まで。
求人票コピーライター・求人から相談できる社労士がサポートします。
大阪府社会保険労務士会 北東支部所属
  1. 【特集! 求人票の書き方 募集・採用の年齢制限禁止 #1/6】(総論:原則禁止・例外となる場合)
 

【特集! 求人票の書き方 募集・採用の年齢制限禁止 #1/6】(総論:原則禁止・例外となる場合)

2013/05/07
求人募集と採用。

平成19年10月1日から、雇用対策法第10条
年齢制限は原則禁止

されています。

ですが、例外となる場合も、いくつか規定があります。

この募集・採用年齢。

よく、相談を受けるテーマ。

だったりします。

ハローワークに取材に行った際にリーフレットを入手しましたので、

私見を交えながら、特集でご紹介していきます。


1.雇用対策法第10条と改正の内容


(1)まずは、本文を。


このように規定されています。

(募集及び採用における年齢にかかわりない均等な機会の確保)

第十条  事業主は、労働者がその有する能力を有効に発揮するために
必要であると認められるときとして厚生労働省令で定めるときは、
労働者の募集及び採用について、厚生労働省令で定めるところにより、
その”年齢”にかかわりなく均等な機会を与えなければならない。


(2)改正の内容です。


   @ 労働者の募集・採用の際には、原則として年齢を不問とすること。

   A 年齢制限の禁止は、
・ ハローワークを利用する場合
     ・ 民間の職業紹介事業者を利用する場合
     ・ 求人広告などを通じて募集・採用を行う場合
     ・ 事業主が直接募集・採用をする場合

     広く「募集・採用」を行うに当たって適用されます。



2.改正の背景と違反した場合


(1)背景


こちらは、リーフレットの内容を引用します。



(2)違反した場合


@ 助言、指導、勧告等の措置

A ハローワーク・職業紹介事業者での求人の受理を拒否

B 求人の内容についてハローワークから資料の提出・内容の説明を求めることも。

※雇用対策法第32条・第34条・第5条の5


3.年齢制限の例外となる場合


1.2.でご紹介したように”原則禁止”なのですが、

例外的に年齢制限が認められる場合

が厚生労働省令で規定されています。

リーフレットにまとめがありますので、
こちらを引用します。




今回はここまでで。

次回からは、具体例を順に。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

みなさまのご参考になれば幸甚です。

 

では、また。

 

※本コラムは、ハローワーク梅田で入手したリーフレットを
基に、記事として掲載しております。

・新定番!な求人票の書き方のノウハウ・求人戦略情報 満載! コラム好評連載中!
 【応募率94.8%! のノウハウ 】: 新定番!な求人票の書き方

           
    http://www.heartrock-noma.com/contentscate_127_1.html

・ソリューション・メニュー
 【新定番な求人ノウハウ】94.8%の応募率! 求人原稿コンサルティング

           
  http://www.heartrock-noma.com/contents_327.html

 【2時間でわかる!欲しい人材に会社をPR!】”新定番!”な求人票の創り方セミナー  
           
  http://www.heartrock-noma.com/contents_297.html

※ご相談・お問い合わせは、下の「ご相談・お問い合わせフォーム」からお願い致します。

労務関連ニュース、毎月メルマガでお届けします!

【無料!】NEWS LETTER "社外総務課長の月例報告" 購読申込フォーム

  • 他社がマネできない求人票・求人媒体のご相談
  • 「求人票の書き方」セミナーなどのご依頼
  • 人材確保・定着のための人事制度構築 など
    お問い合わせ・ご相談はこちらからお願い致します。


  • お問い合わせ・お申込み