自社の魅力は唯一無二、「無敵の求人票」で人材確保。
欲しい人材に響く求人・人事制度から広報・販促、会社案内まで。
求人票コピーライター・求人から相談できる社労士がサポートします。
大阪府社会保険労務士会 北東支部所属
  1. 【採用ができる!採活面接】嫌われない面接#2(雇用機会均等法からのアプローチ)

 

【採用ができる!採活面接】嫌われない面接#2(雇用機会均等法からのアプローチ)

2013/05/16
採用面接。

会社には、
採用方針・採用基準・採否の決定などの「採用の自由」が認められている反面

応募者には、憲法で「職業選択の自由」「基本的人権の尊重」が保障されています。

厚生労働省では「公正な採用選考をめざして」というタイトルの冊子に
採用選考に関する事柄をまとめています。
また、各自治体・労働局も同様なリーフレットをまとめており、
ハローワークなどで、入手することができます。

今回は、そのうち、
男女均等な採用選考ルール

について、ご紹介します。

1.男女雇用機会均等法との関連


募集・採用について、
男女雇用機会均等法第5条・第7条にこのように規定されています。
※リーフレットから引用。




2.もう少し詳しく


※リーフレットから引用。


(1)性別を理由としたもの




   ここでのポイント。

   私見ながら、文言が

   「女性」ではなく「男女いずれか」

   となっているところです。
   

(2)間接差別



   ここでのポイント。

   「合理的な理由がない場合」に違法

   となるところです。

   合理的理由、

   「本当にその業務に要求される理由か否か」

   で総合的に判断されることになります。
   

3.「募集・採用」に関しての規定ですので。


募集については、このような例がNGとされています。

@ 「男性のみ」または「女性のみ」の募集。

A 男女別に採用予定人数を設定すること。

B 男女で異なった年齢制限を設けること。
 
C 「営業マン」「ウエイトレス」など、
  男性または女性を表す名称で募集職種を表記する。
 
D 会社案内や募集要項等において、「男性歓迎」「女性向き」等の表示をする。



当然ながら、募集段階のみならず、
採用面接の場でも。

ということになります。

リーフレットで紹介されているNGな例です。

@ (女性に対してのみ)結婚・出産後も働くことの意志や恋人・結婚予定の
   有無を質問する。

A 男性に対してのみ、または女性に対してのみ残業、休日出勤、転勤等が
  可能かを質問する。
  ※ただし、労働条件の事前確認のため、応募者全員を対象に質問することを
   妨げるものではありません。

B 男性または女性を敬遠しているかのような質問、発言をする。

C セクシュアルハラスメントと思われる質問・発言をする。
  (例;恋愛経験の執拗な質問等)

D 女性と男性と異なった面接を行う。
 (面接回数、男女別集団面接、集団面接−男性のみ質問)

4.私見ですが。まとめです。


法令上の制限の趣旨は、

「募集・採用で男女に同じ機会を」

ですから、

最終的に、男性または女性のみの採用になっても
それは、「結果」。

チャンスをものにするかどうかは、性別に関係なく、
それぞれの人となりや能力が会社の基準に合うかどうかですから。

ですが、入口の部分で、このような規定があることを

「知っている」ことと「知らない」こと

この差は、採用の現場、募集・採用面接の場で
大きな差が出てくるものと思います。




最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

みなさまのご参考になれば幸甚です。

 

では、また。

 

※本コラムは、ハローワーク梅田入手したリーフレット・厚生労働省HPに公開されている
情報を基に、記事として掲載しております。


【”採活面接” 求職者面接:7,000円/1名!】採用ができる! 採活面接サポート
【”採活面接” 求職者面接:7,000円/1名!】採用ができる! 採活面接サポート

労務関連ニュース、毎月メルマガでお届けします!

【無料!】NEWS LETTER "社外総務課長の月例報告" 購読申込フォーム

  • 他社がマネできない求人票・求人媒体のご相談
  • 「求人票の書き方」セミナーなどのご依頼
  • 人材確保・定着のための人事制度構築 など
    お問い合わせ・ご相談はこちらからお願い致します。


  • お問い合わせ・お申込み