自社の魅力は唯一無二、「無敵の求人票」で人材確保。
欲しい人材に響く求人・人事制度から広報・販促、会社案内まで。
求人票コピーライター・求人から相談できる社労士がサポートします。
大阪府社会保険労務士会 北東支部所属
  1. 【速報!】5000人 : 0.54倍 300人未満 : 3.26倍 2014年卒 大卒求人倍率調査
 

【速報!】5000人 : 0.54倍 300人未満 : 3.26倍 2014年卒 大卒求人倍率調査

2013/04/24
来春2014年3月卒業予定の大学生・大学院生対象の大卒求人倍率は
1.28倍と、前年(1.27倍)とほぼ同じである。

300人未満企業の求人倍率は横ばい(前年は3.27倍、今年は3.26倍)、
5000人以上企業の求人倍率は微減(前年は0.60倍、今年は0.54倍)となっており、
従業員規模間のミスマッチの緩和傾向に一服感が見られる。


リクルートワークス研究所 第30回 ワークス大卒求人倍率調査(2014年卒)
※2013年04月23日 株式会社リクルートホールディングス
 プレスリリースより引用。


昨日のニュース番組でもPICK UPされていました。

ちなみに、

大卒求人倍率の定義ですが、以下の定義がなされています。
大卒求人倍率(以下求人倍率): 
民間企業への就職を希望する学生1人に対する、企業の求人状況を算出したもの

求人倍率=求人総数÷民間企業就職希望者数


1. 5000人以上企業の求人倍率 = 0.54倍
2.  300人未満企業の求人倍率 = 3.26倍


この数字から、私見ながら、中小企業の採用戦略のポイントを。

 
1.大企業指向の新卒学生さんの目を中小企業に向けさせること。

2.中小企業間の獲得競争のなかで、いかに自社を選んでもらうか。

3.いかに、お金をかけずに新卒学生さんに自社をPRするか。


例えば、新卒応援ハローワークの活用。

 これは、ハローワークに取材した際に伺ったのですが、

”今は、結構有名な大学の学生さんも利用しています”


 とのこと。
 学生さんも”新・氷河期”と呼ばれていますからね。


例えば、大学に求人を出す。大学主催の就職説明会に参加する。

 広告(費用対効果)ではなく広報の手段で、なるべくお金をかけずに、

 自社の社風・仕事の魅力を言いふらす戦略が必要かと思います。


【ご参考コラム】


〜 新卒応援ハローワークってご存じですか??? 〜(インタビュー@新卒応援ハローワーク)


〜 新卒応援ハローワークってご存じですか??? 〜(インタビュー@新卒応援ハローワーク)   学生さんと新卒応援ハローワークの活動


〜 新卒応援ハローワークってご存じですか??? 〜(インタビュー@新卒応援ハローワーク)    「求人申込書」の創り方


【解禁日直前!】新卒求人と新卒応援ハローワーク【インタビュー@新卒応援ハローワーク】


【解禁日直前!】新卒求人 ハローワーク 求人票の書き方【インタビュー@新卒応援ハローワーク】

※各求人媒体(ハローワーク用・各大学用・自社HP)求人原稿作成取り扱っています。
【”採活広報” 原稿料:求人票・その他媒体一律1万円!】採用ができる! 求人原稿作成


労務関連ニュース、毎月メルマガでお届けします!

【無料!】NEWS LETTER "社外総務課長の月例報告" 購読申込フォーム

  • 他社がマネできない求人票・求人媒体のご相談
  • 「求人票の書き方」セミナーなどのご依頼
  • 人材確保・定着のための人事制度構築 など
    お問い合わせ・ご相談はこちらからお願い致します。


  • お問い合わせ・お申込み