自社の魅力は唯一無二、「無敵の求人票」で人材確保。
欲しい人材に響く求人・人事制度から広報・販促、会社案内まで。
求人票コピーライター・求人から相談できる社労士がサポートします。
大阪府社会保険労務士会 北東支部所属
  1. 【3/6速報!】平成25年度 新助成金情報(若者チャレンジ奨励金・キャリアアップ助成金)
 

【3/6速報!】平成25年度 新助成金情報(若者チャレンジ奨励金・キャリアアップ助成金)

2013/03/06
【2013/03/06 厚生労働省ニュースリリース 速報です】

平成25年度予算成立後



の条件付きですが、

以下の助成金・支援事業のニュースリリースがありました。

詳細は、後日、厚生労働省HP・リーフレットで告知とのことですが、

速報! として、ご紹介致します。



1.概要



 3つの事業で、以下に取り組む事業主を支援するとのことです。

 
 若年者・非正規雇用労働者の就職や能力開発を促進するための

・ 採用
・ 人材育成
・ 企業内でのキャリアアップ


 以下、順番に各事業(助成金等)の概要のご紹介を。





2.若者応援企業宣言事業




 若者の採用・育成に積極的で、次の基準を満たす中小・中堅企業が自ら
「若者応援企業」を宣言した場合、
 労働局やハローワークが若者とのマッチングを支援する事業。

(1)宣言を行うための主な基準



・労働関係法令違反を行っていないなど、一定の労務管理体制を整備していること

・ハローワークに学卒求人または35歳未満対象の一般求人を提出すること

・自社で実施している若者のための社内教育やキャリアアップ制度などの情報を
 公表すること。


(2)支援内容



・労働局・ハローワークのホームページに「若者応援企業」一覧を掲載し、
 PRに協力。

・就職面接会などで、若者とのマッチングを重点的に支援。




3.若者チャレンジ奨励金(若年者人材育成・定着支援奨励金)



 35歳未満の非正規雇用の若者を雇い入れ、訓練を実施する事業主に奨励金を
 支給する事業。

 正社員として雇用することを前提に、
 自社内での実習(OJT)と座学(Off-JT)
 を組み合わせた訓練を実施することが条件。


4.キャリアアップ助成金



 有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者など、
 非正規雇用の労働者のキャリアアップを行う事業主
 包括的に助成金を支給する制度
 具体的には、以下の6つの取り組みが対象。


(1)支給要件となる取り組み



・正規雇用・無期雇用転換
・人材育成
・処遇改善
・健康管理
・短時間正社員
・短時間労働者の労働時間拡大




以上、ご紹介まで。


なお、

平成25年度予算成立後から「若者応援企業宣言事業」のマッチング支援、
キャリアアップ助成金」の申請の受付を開始とのことです。







最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

みなさまのご参考になれば幸甚です。

 

では、また。


※本コラムは、厚生労働省から入手した情報を
基にして、記事として掲載させて頂いております。
  

労務関連ニュース、毎月メルマガでお届けします!


【無料!】NEWS LETTER "社外総務課長の月例報告" 購読申込フォーム

  • 他社がマネできない求人票・求人媒体のご相談
  • 「求人票の書き方」セミナーなどのご依頼
  • 人材確保・定着のための人事制度構築 など
    お問い合わせ・ご相談はこちらからお願い致します。


  • お問い合わせ・お申込み