自社の魅力は唯一無二、「無敵の求人票」で人材確保。
広報・マーケティングのノウハウで、求人・人事から広報・販促まで。
会社・従業員・お客さま。「全方位三方よし」をサポートします。
大阪府社会保険労務士会 北東支部所属
  1. 【来年1月1日より】65歳以上の労働者、雇用保険の適用対象に。
    「65歳以上」就職希望者の職業選択の状況。
 

【来年1月1日より】65歳以上の労働者、雇用保険の適用対象に。
「65歳以上」就職希望者の職業選択の状況。

2016/10/08

 

「65歳以上の労働者」

 

来年(平成29年)1月1日より、
「65歳以上の労働者」も

雇用保険の適用対象となります。

 

 

そして、

2016.09.30 厚生労働省が公表した
「平成28年版 労働経済の分析」


第3章 第2節では、
「高年齢者の働き方と活躍のための環境整備」の
タイトルで特集が組まれ詳細な分析データが

公表されています。


今回は、
・適用拡大の概要
・雇用保険加入の効果


そして、
「平成28年版 労働経済の分析」から
・65歳以上就職希望者の状況
のデータもご紹介します。

 

※以下、厚生労働省HP等で公開されている資料を引用します。

 


1.雇用保険加入の概要

 

平成29年1月1日以降、65歳以上の労働者については、
「高年齢被保険者」として雇用保険の適用対象となります。

 

「適用要件」は、
・1週間の所定労働時間が20時間以上であり、
・31日以上雇用見込みがあること。


なお、「雇用保険料の徴収」については、
平成31年度までは免除となります。

 

提出する書類は、
「雇用保険被保険者資格取得届」
事業所を管轄するハローワークに提出します。

 

また雇用保険の適用要件は、
「平成29年1月1日時点」での判断となります。
また、適用に関しては、
事業主や労働者の希望の有無にかかわらず、
要件に該当すれば必ず適用となります。


以下の場合分けが考えられます。


【ケース1】平成29年1月1日以降に新たに雇用した場合

 

雇用した時点から高年齢被保険者となりますので、
「雇用した日の属する月の翌月10日まで」
届出をすることになります。


なお、
平成29年1月1日以降、当初の雇い入れの労働条件が、
「高年齢被保険者」の適用要件外でその後に該当する
ことになった場合には、

「労働条件の変更となった日の属する月の翌月10日まで」
届出をすることになります。


【ケース2】平成28年12月末までに雇用し、平成29年1月1日以降も継続して雇用している場合

 

この場合には、

”提出期限の特例”として、
「平成29年3月31日まで」
届出をすることになります。

 

なお、当初の雇い入れの労働条件が、
「高年齢被保険者」の適用要件外で
平成29年1月1日以降に該当することになった場合には、
【ケース1】と同じく、
「労働条件の変更となった日の属する月の翌月10日まで」に
届出をすることになります。


【ケース3】平成28年12月末時点で「高年齢継続被保険者」である労働者を継続して雇用している場合

 

この場合には、
自動的に高年齢被保険者となりますので、届出は不要です。

 



2.雇用保険加入の効果

 

平成29年1月1日より「高年齢被保険者」となった
65歳以上の被保険者は、

 

・高年齢求職者給付金
・育児休業給付金、介護休業給付金
・教育訓練給付金

など要件を満たせば、雇用保険の各給付金の対象となります。

 

【ご参考】高年齢求職者給付金

・被保険者であった期間が1年以上の場合:基本手当日額の50日分
・被保険者であった期間が1年未満の場合:基本手当日額の30日分
 を一時金で支給。

 計算基礎となる「基本手当日額」は、
 離職前6か月の賃金総額を180で割った額のおよそ50%〜80%
 (上限6,370円(平成29年7月31日までの額)です。



3.「65歳以上」就職希望者の状況


「平成28年版 労働経済の分析」
第3章 第2節
「高年齢者の働き方と活躍のための環境整備」では、

 

フルタイム・パートタイム別に
新規求職申込件数トップ5の職業

男女別で報告しています。

 

 

「求職件数」でみると、
女性ではフルタイム・パートタイムの求職件数で
圧倒的に「パートタイムでの求職」が多いことが
特徴的な結果となっています。

 

「求職申込職業」でみると、

男性・女性では、
男性:自動車運転の職業
女性:飲食物調理の職業・介護サービスの職業

など、選択する職業に傾向と特徴がみられる結果と
なっています。




【出典】

■【重要】雇用保険の適用拡大等について 厚生労働省
    ▽
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000136389.html

■「平成28年版 労働経済の分析」厚生労働省(2016.09.30)
    ▽
http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/roudou/16/16-1.html

 


 
 

 




最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

みなさまのご参考になれば幸甚です。

 

 
※本コラムは、各メディア情報等取材した内容を基にして、記事として掲載させて頂いております。

 


【ご参考】
・「求人票の書き方セミナー」開催情報は、弊社HP【お知らせ】をご覧ください
    ▽

【お知らせ】Heart Rock Information


・「求人票の書き方セミナー」ダイジェスト版動画 ※視聴時間 約3分
    

セミナーダイジェスト


・講演実績
    ▽

Office Heart Rock 講演実績



求人コンサルティング・セミナー等、
お問い合わせは、下記お申込みフォームからお願い致します。
▽   ▽   ▽


  • 他社がマネできない求人票・求人媒体のご相談
  • 「求人票の書き方」セミナーなどのご依頼
  • 人材確保・定着のための人事制度構築 など
    お問い合わせ・ご相談はこちらからお願い致します。


  • お問い合わせ・お申込み